初めてのバイナリーオプションの歩き方

初めてのバイナリーオプションの歩き方

バイナリーオプションで資産を守る

バイナリーオプション取引の大きなメリットとして、レバレッジをかけて取引ができるため、短期間で多くの利益を得ることができる可能性がある、という点があげられると思います。そのぶん、大きな損失を被る可能性もあります。このような点から、バイナリーオプション取引は怖い、と敬遠されている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、わたしは、バイナリーオプション取引は使い方次第で資産を守る手段になると考えています。なぜそう考えているかについて書かせていただきたいと思います。

 

日本では、2013年4月から、物価上昇率2%目標達成にむけて、日本銀行が異次元の金融緩和を行っています。物価が上昇すれば、相対的に日本円の価値は下がってしまいます。ですから、資産として、日本円で貯金をしているだけでは、資産価値がさがって損をしてしまう可能性があるのです。そこで、損をしないためには資産を日本円の現金預金以外のものに分散させるという手段が必要となります。債券、株など、いろいろな分散手段が考えられますが、その手段の一つとしてバイナリーオプション取引で円をドルなどの外貨に変えておく、というのが良いと思います。これによって、部分的に日本円下落のリスクを回避することができます。それならば、外貨預金でいいではないか、と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、バイナリーオプション取引は一般に外貨預金とくらべて、手数料が安いというメリットがあります。

 

レバレッジをかけなければロスカットの危険もすくないため、外貨預金と同様、長い期間ほっておくことも可能です。また、取引時間は原則24時間なので、大きく状況が変わったときなどにいつでも決済することができます。なお、バイナリーオプション会社が倒産してしまうとまずいので、これからバイナリーオプションを始めようという方がいらっしゃったら、バイナリーオプション会社は慎重に選ぶことをお勧めします。
引用:他とは比べ物にならないバイナリーオプションの難しさ

 

 

マージンコールとロスカットを理解しよう

 

一定の損失が発生しますと、証拠金(保証金)の目減りによってマージンコールが発生します。手仕舞いしないでさらに損失がかさむとロスカットになります。  

 

FXで成功するか失敗するかはリスク管理を適切に行えるかどうかと言うことに尽きます。大きなレバレッジを効かせて取引している時に、為替レートが予想を超えて動くと大きな損失が発生します。この損失拡大を防止するために、FX会社では追証警告のマージンコールや強制決済のロスカットを行っています。  

 

マージンコールとは、含み損が発生して証拠金率がFX会社の決めた維持率以下に減少した場合に、保証金の追加を要請することです。マージンコールが発生した時点で投資家は、「追加の保証金を預ける」か「維持率が回復するだけ取引を縮小させる」かを選択しなくてはなりません。  

 

投資家が何もしないで損失が決められた水準を下回るとロスカットされます。ロスカットされると取引が強制終了して損失が確定してしまいます。取引はいったん終了になります。  

 

マージンコールやロスカットは自動的に全てのポジションを決済することで、セーフティー機能を果しています。ただFX会社によってこの規定は異なりますからしっかりと確認することが大切です。マージンコールとロスカットは取引中に発せられる危険信号です。投資家の資金をすべて失うことを避けるための安全装置の役割を果たしているのです。投資家はこの安全装置のお世話にならないことが大切です。

 

下げ幅が、500円を超える瞬間がありました。
今日は、日銀が上場投資信託を買っていないのかもしれません。
今週の金曜日に特別清算指数が控えているので、荒れる水曜日といったところでしょうか?
それにしても、あれだけ強いはずの相場が
あっさり、25日移動平均線を下回るとは・・・

 

シフト
リアルワールドと、業務提携をします。

 

ソフトバンク
下げ止まる気配が感じられませんね。
空売りを仕掛けている投資家に、余裕すら漂います。

 

ギリシャの株価
昨日1日だけで、約13%も下落しました。

 

上場投資信託
保有していた場合、委託の手数料がとられるそうです。
私は、京大を卒業した友達に言われるまで
恥ずかしながら、知りませんでした。
それを聞いて、長期で保有するする予定だった上場投資信託の一部を売却しました。

 

ブレバン・ハワード・アセット・マネジメント
英国に本拠地を置く欧州で最大規模のヘッジファンドです。
2003年に、元クレディ・スイス・ファースト・ボストンのトレーダーであるアラン・ハワード氏らが
ロンドンで設立しました。
2009年1月末時点の運用資産額は約256億ドルで、2008年に20%を超えるリターンを記録しています。

 

澤上篤人さんの著書
長期投資を勉強するために、読みまくろうと思っています。
買うとモノが増えるため、図書館で借ります。

 

ドル円の為替レート
一時、117円に突入するなど、動きが荒くなっています。

 

中国
デフレのリスクが高まっているそうです。

 

日銀の物価に関する見通し
早くも、下振れしそうな感じです。

続きを読む≫ 2015/03/17 07:19:17

これからFXを始める方にどの通貨を買ったらよいか、どのタイミングで注文したら良いかと質問されることがよくあります。そういった場合、私はまずアメリカドル円を進めています。その理由としてまずアメリカドルは世界で最も重要な主力通貨であるということが挙げられます。為替レートというとまずアメリカドル円がニュースでは取り上げることが多いです、日経平均とドル円がセットで表示されることがほとんどでそれだけ日本経済に大きな影響を及ぼしているという意味です。またユーロのようにヨーロッパの国々の経済情勢によって複雑に変化するユーロ円は取り扱いが難しいと私は考えています。そのためロンドン市場が始まる17時以降はユーロ円が大幅に変動することがよくあります。
もしあなたが社会人であるならば仕事中にトレードすることは難しいでしょう、ニューヨーク市場が開く夜9時以降からトレードを始めるということを考えるとアメリカドル円が一番ライフスタイルに適した通貨ではないでしょうか。
もう一つの理由としてアメリカドルは他の通貨に比べて値動きがそれほど大きくないということが挙げられます。世界で一番取引量が多く、投機目的よりも企業活動の支払いなどで資金が動くので、ヘッジファンドの思惑で為替が動くことは少ないのです。
またアメリカの雇用統計などの指標がアメリカ経済の情勢を数字ではっきりと示してくれるのでトレンドがはっきりしやすいのです。こうした理由からまずはドル円を取り扱うのが一番良いと思います。

続きを読む≫ 2015/03/03 14:47:03

FXはレバレッジをかけて大きく資産を築くチャンスが与えられた商品です。日本では数年前までレバレッジを最大100倍までかけて出来た時期がありましたが、レバレッジ規制によって現在では25倍までになってしまいました。100倍のときにやっていた人は、不便になったと感じていると思います。日本では法人口座を作れば100倍で出来ますが、開設には費用がかかります。開設してトレードを始めても、毎年の確定申告で法人税というものを納めないといけません。利益が出なくても納めなくてはいけなくて、厳しいです。初心者には法人口座はおすすめしません。日本でならレバレッジ25倍でやるのが安全です。FXは、日本の業者以外にも海外業者があります。海外のほうは法人口座を作る必要がなくてレバレッジ1000倍でトレードが出来るんです。開設費用はもちろん無料だし、利益が出なかった場合は申告しなくてもいいのです。少額の資金で大きなお金が動かせるのでレバレッジで考えるなら海外が優秀です。日本と海外業者で違うのが信託保全があるかないかです。例えば10万円預けていたとします。証券会社が倒産した場合、信託保全の場合は全額保証されて10万円が戻ってきますが、信託保全がない場合10万円がパーになります。つまり、1円も戻ってきません。日本は信託保全ありで、安心です。しかし、海外は信託保全というものがありません。レバレッジにおいては優秀でも信託保全はありませんから、安心を求める場合日本の業者を選ぶことをおすすめします。

続きを読む≫ 2015/03/03 14:46:03

私はFX取引をしています。FXを始めたのは今から5年くらい前です。当時は為替差益目的で取引をしていましたが、ここ2年くらいはスワップ運用をしています。スワップ運用とは、金利が高い通貨を買い、利息を受け取ることを言います。金利が高い通貨には、オーストラリアドルやニュージーランドドルなどが挙げられます。ちなみに新興国通貨はいつ何が起きるか分からないため、あまりおすすめできません。
スワップ運用は為替差益のような莫大な利益は見込めませんが、放置していても勝手に金利がつくのが魅力です。なので、あまりFX取引に時間を割けない方や、売買はタイミングが難しくてなかなか利益が出ない、またはポジションを持っていると精神的に落ち着かなく、ついチャートばかり見てしまう…などといった方にはおすすめの運用法です。
スワップ運用の怖い点は(これは為替差益目的の取引でも言えることではありますが)、強制ロスカットになることです。例えばオーストラリアドルを買っていたとして、円高が進み(=オーストラリアドルの値が下がり)、証拠金が足りなくなりロスカットされると、それまでに蓄積されていたスワップが台無しになります。これでは元も子もありません。
これを防ぐ方法として私が行っているのは、「カナダドルを売る。」という方法です。つまり、オーストラリアドルまたはニュージーランドドルを買い、カナダドルを売るのです。この方法を取れば、もし円高が進みオーストラリアドルまたはニュージーランドドルの方で含み損が出ても、売っているカナダドルの方では含み益が出るのです。こうすれば比較的安定してスワップ運用することができます。

続きを読む≫ 2015/03/03 14:46:03
ホーム RSS購読 サイトマップ